6 某所-彼

「・・・ここは一体どこだろう?」
彼は目を覚ました。意識が戻る前、遠い夢の中で聞いていた音が、くっきりと輪郭を現わして耳に響いてくる。工場のような、機械が動き金属がぶつかり合うような音、ブーンというモーター音のようなもの。辺りをよく見ようと首を持ち上げるが、すぐに痛みで断念した。

どうしたんだっけ。

ああ。自棄になって、思い切って風俗デビューしようとして、電話をかけて、ホテルで女の子を待ってたんだ。そしたら、そしたら・・・。
女子高生という触れ込みのチラシだったのに、やって来たのは巨大な、恐ろしい・・・あれ?なんだっけ。そこから記憶がない。

どうしたんだっけ?

そう、待っていたんだ。何回もシャワー浴びて。パンツ一丁にしようか、それとも全裸がいいかと、何回も何回も着たり脱いだり着たり脱いだり・・・あっ。服・・・結局、どうしたんだっけ。

記憶を辿れば、恥ずかしい自分の姿がどんどん浮かんでくる。もしや、今もまだ裸、もしくはパンツ一丁なのか。彼は恐る恐る自分の体を探った。どうやら服は着て居るようだ。が、馴染みのない手触り、ゴワゴワしたセメント袋のような手触りだ。実際、彼はセメント袋を触ったことなどない。多分、セメント袋ってこんな感じなんじゃないかという想像だけだが。

と、突然、ブザーの音が長く辺りに響いた。クイズ番組で誰かが答え損ねた時のアレのやけに大きいやつだ。残響とともに、それまで聞えていた機械の音が止んだ。そして、あちこちから人声が聞えてくる。

「あーつっかれたー。」
「今日はどうする?昼。」
「久しぶりに食堂いかねえか、冷やし中華始めたらしい。」
「あ、俺、今日弁当なんで。」

皆、どこかへ行くらしい。声達は遠くなり、人の気配は間もなく消えた。

出て行った?出口があるんだ。

音の響き方からすると、小学校の体育館程度か。目からの情報がないのはなぜだ?ああそうか、さっきから辺りを見回しても真っ暗なのは、目隠しをされているからだ。
頭が次第にはっきりしてきた。
彼は、慎重に自分の顔を探る。なんだ、ただのアイマスクじゃないか。
そしてゆっくりと起き上がる。
物々しい機械達、上から幾つもぶら下がっているチューブ、何に使用するのか分からない大小様々の工具が放り出されている。そして、高い天井附近に貼り付いているすすけた看板には「安全第一」と大きく書いてある。
やはり、ここは何かの工場らしい。そして、昼休みになって工員達は皆、食事の為に出て行ったのだ。
訳がわからない、なぜ、どうして、ラブホテルから工場に?
思い出そうとすると、頭が割れそうに痛くなる。
すると、背後から
「あれ?」
と、声がした。
振り向くと、もじゃもじゃの髪の毛をした映画に出て来るマッドサイエンティストが立っている。いや、菜っ葉服を着ている、しかもにこにこしているぞ・・・訂正、マッドサイエンティストみたいな親父、だ。
「キミ、新入りだな。」
菜っ葉服のマッドサイエンティストみたいな親父は目をパチパチさせてる。
「あ、えっと。」
菜っ葉服の・・・繰り返すのは面倒だから親父、だ。親父が何者か、ここがどこかすら分からないのだから、慎重に、冷静沈着に。カレは全身からよく分からない汗が噴き出すのを感じていた。
「ああ、やっぱり初日はキツいかぁ。ほら、そんな辛気くせぇ顔してねえで。昼、まだだよな。よし、オレがおごってやらあ。」
「あ、イヤ・・・僕はえっとその。」
「まあ、遠慮すんなっていいワケェもんがよ。」
親父はカレの肩をぐいぐい押した。親父には彼が工員に見えるらしい。
「角の食堂でよ、冷やし中華始めたらしいんだよ。」
黄色と黒の段だらになった鉄骨のアーチ、その先には出口らしき鉄の扉がある。親父は彼を無理矢理に押しながらそちらへ向う。

外・・・?

ギィーと重たい扉が開くと、今度は眩しさに目がくらんだ。
そうか、今は昼。にしても、暑い。こんなに暑けりゃ、2月でも冷やし中華始めるか・・・そんな訳ない・・・彼は再び気を失った。