5-2 新宿 屋上遊園地

「ああっ!なんてことを!・・・大事な備品を・・・弁償してくださいよっ!」
凍りついた空気を破り、伯母山美術部長は叫んだ。
皆が慌てふためいている中、亜町警部は眉間の皺を深くして壊れたテレビモニターを見詰めていた。
「まったく、パニックになって発砲するなんて警察官にあるまじきことですよ!誰です?だれだれ?探してくださいよ〜始末書っていうの?書かせなくていいんですか?」
「そうですね、誰なのか早急に探さなくては。」
亜町は静かにけれど鋭い口調で言った。
「・・・だが、始末書は書く必要はない。」
「な、なんと!」
亜町は半ば傍にいるメガネに説明するように言った。
「・・・これは弾が当って壊されたんじゃない。内側から破裂したのでなければこうはならない。・・・見ろ、テレビの部品にしては妙なものが出て来たぜ。」
メガネはまだブスブスと黒い煙をあげている壊れたテレビの中をのぞき込んだ。熱で半ば融けたタイマーのようなものがあった。
「これは。」
「そうだ。恐らく、時限爆弾のような仕掛けがしてあったのさ。映像が丁度いいところにきたら壊れるような仕組みだったのだろう。」
「そして、慌てたふりをしてタイミングよく空砲を打った。・・・ですね、亜町警部。」
「そうだ察しがいいなメガネくん。この中に、贋物の警察官が紛れ込んでいる。」
二人の会話を耳聡くきいていた伯母山が「みなさーん!」と叫び出す前に、人混みをかき分け逃げ出す影があった。
「あいつだ!」
「つかまえろ!」
にせ警官を捕まえようと、警備保障やデパート社員、そして本物の警官達が動き出す。が、いかんせん、こう人が多くてはただ混乱するばかり。
「エレベータに乗ったぞ!」
誰かが叫んだ。
「階段で先回りだ!伯母山さん、各階にアナウンスを。エレベーター前に人を集めましょう。」
「亜町警部?」
「メガネくんは屋上階を頼む!下に逃げるとばかりは限らないからな。」
亜町警部は数人の警官達と一緒に階段に向っていった。

その後ろ姿を見送りながら、メガネは空いている別のエレベーターに乗り込み、Rの文字があるボタンを押した。
デパートなんだから、エレベーターなんて一つや二つじゃないだろう。階段使うよりこっちのほうが移動は早いのに・・・それに・・・メガネは軽く溜息をついた。
自分も慌てていて聞き流したが、このガタイでモヒカンだっていうのに・・・初対面の亜町警部も「メガネくん」とは。
いやいや、ひとまずこの捕り物が終るまでは、この件について考えるのはよそう。
そして、
「チーン」というクラシカルな音がして、エレベーターは屋上階へと到着した。扉から外へ出ると、屋上遊園地のオブジェなのか、毒毒しい原色の巨大なキノコがにょきにょきとあちらこちらに生えている。錆びたアーチに「伯母急キッズランド」という看板が涙が出るような哀愁を誘う。
休館日なので、当然お客は誰もいない。空調の設備なのか、巨大な機械の轟々という音が外の喧噪と混じって物寂しい環境音楽を奏で寂しさは一層・・・な、はずだった。
が、視線の先、きのこの向うに、警官の恰好をした男がいた。
(こいつだ!)
と、メガネは男に突進していった。きのこのオブジェやベンチやコインで動くパンダにぶつかりながら、とうとう男を自動販売機コーナーに追いつめた。
もう逃げられないと観念したのか、男は青ざめてブルブルと震えた。
「お前が怪人二面相か。」
「ゆ、ゆるしてください。僕は頼まれただけなんです・・・」
メガネは形式的に警察手帳を見せた。
「話は後でゆっくり聞く。まずは一緒に来て貰おうか。」
「ほんとに、頼まれただけなんです。何も知らないんです、メガネの旦那。」
最後の一言でメガネのある一部の掛けがねが外れた。
男は、メガネの拳をくらって1メートル程飛んで、気を失った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です