3-2 ザギン 瀬戸際 その2

隣の席では。
こちらも頭髪に特徴のある、バーコード状にベタベタと髪型を整えた中年男が、やや緊張した面持ちで山﨑ロックを嘗めていた。そのベタベタは、整髪料のせいなのかあるいは自らが出す油分のせいなのかはハッキリしない。
「ブチョサン、」
そう呼ばれたのは確かに部長。誰あろう、伝統こけし販売株式会社のあのセクハラ発言部長であった。
隣には、大型冷蔵庫に手足を生やしたようなロボットが、甲斐甲斐しく酒のお代わりを勧めつつ、グラスの底の水滴をおしぼりで拭いている。ただ甲斐甲斐しいと文字で書いては状況がまっすぐ伝わらないかも知れない。かつてよい子だった読者諸君は想像して欲しい、サンタクロースにお願いしたガンダムが、枕許にはどこでどう間違ったのかゼンマイで動く四角いブリキのロボットが置かれていた朝を。その「これじゃないんだよ」感に満ちあふれた玩具に面影の似た「ホステス」が、作業・・・いや、健気に客をもてなしているのだ。

まず、アイスペールから氷の塊を取出す。手元は用途によりアタッチメントをつけるらしい。左手のクレーンゲームの先みたいなものが氷めがけて伸び、垂直に氷をつまみ上げ、グラスの真上で停止、狙いを定めこれまた垂直にグラスへと着地させる。繰り返す事三回。反対側ピペット状の手先が山﨑のボトルに差し入れられ、琥珀色の液体を吸い上げ、氷を入れたグラスにそれを注ぐ。ピペットでそのままくるっと一回転半、かき混ぜる。
テーブルの上だけに注目すると、小さな工事現場のようだ。
「ブチョサン、ハジメテセトギワ。ドゾヨロシク。」
どうやら、この店クラブ瀬戸際に来たのは初めてね、これからどうぞごひいきに、という意味らしい。
部長も、強ばった顔面を無理に歪め笑い顔をつくる。
「・・・あはは。よろしく。いい声してるね。夜もいい声かな、あはあは。」
こんなはずでは、と、内心部長はつぶやいた。
銀座に人造人間のナンバーワンホステスがいるという噂を聞き付けて、入って見れば、何だか想像していたのと違っている。もっとこう、空山基のセクシーロボットの絵みたいな、曲線でメタリックで、ハイヒール的な・・・。
それに引き換えこの角張り、ボルト留めしてある直線的なボディー。こいつ絶対油圧で動いてるよなあと思うと、部長の中の何かがみるみるしぼんでいく。
「ね、ねえ君。」
「ハイナンデショウ。」
「き、きみは、ホントにナンバーワンなの?」
「ハイソウデス。」
ロボットホステスは胸の下辺りにはめ込まれた小さな金属プレートをゆっくりとピペットで指した。そこには

製造番号 001

と彫り込まれていた。
(製造・・・番号? えーっ。)
部長の頭髪のバーコードからかすかに湯気がたっていく。
「ミツメナイデブチョサンノエッチ」
「あはは。君、ユーモアのセンスあるねぇ。・・・チェンジ。」
「アリガトゴザマス。」
「チェンジ。」
「ミズワリニカエマスカ。」
「チェンジだっつってんだろうこの野郎。
ナンバーワンのロボットホステスって噂聞いたからよう、さぞかし助平な我が儘ボディを拝めるかと思って股間と期待膨らませて来たら、なんだこのただ場所とるだけの我が儘ボディは!・・・人造人間、アンドロイドだよ!メタリックでセクシーな曲線美だよ!チェンジチェンジ!製造番号じゃなくて、人気売上げナンバーワンを出せ!お前なんかのつくる酒なんかまずくて飲めない。」
ロボットの動きが止まった。
言い過ぎた、部長はハッとした。
「ご、ごめんよ。」
と、その時、さっきからこちらをチラチラ見ていた向うの客が、つかつかとこちらにやって来た。妙な髪型、クラブで白衣なんか着てるし・・・。
あっと思う間もなく、部長の顔に冷たいものがかかった。妙な髪型の客がコップの水を浴びせたのである。
「ハーさん!何するのっ。」
ママが慌てて駆け寄る。
「このコが気に入らねえなら余所へ行きな。ここは腐っても銀座だ。女の子にケチつける野暮天はいらねえんだ。こっちの酒がまずくなる。」
「ハーさん!」
マッドサイエンティストという言葉があるが・・・見るからに・・・こいつはまさに、気違い博士だ。逃げるが勝ち、だが、やらずぼったくりな状況で何もせず逃げるのはいかがなものか。
「なんだその眼は、頭冷やし足りねえか。」
ハーさんは、今度はテーブルのピッチャーを手に取った。
うわ、今度こそずぶぬれになってしまう、と部長は身を竦め堅く目を閉じた。
と、あれ、冷たくない。一体どうしたことか。恐る恐る目を開くと、部長の前に、ピッチャーの水を浴びて水滴を滴らせたロボットホステスの体があった。
「ハカセ、オキャクサマニキガイ、ダメデス」
ロボットホステスは、部長に向き直って、クレーン状になっている方の手でおしぼりを吊り上げ、手渡した。
「オサケ、オイシクツクル。ワタシ、コンドハ」

「う、うん。」
部長の胸が、一回、ドンと大きな音をたてて鳴ったような気がした。だが、その音は、部長自身にしか聞えない音であったに違いない。

そして、水浸しになって乱されたテーブルの上に角の円い名刺がブヨブヨにふやけてあるのを、部長がそっと内ポケットにしまった事も、その場にいる誰も気付かないことだった。

3-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です