1-2 東京某所 プロローグつづきです

特に女子高生に執着がある訳でもなかった。
うさん臭い連中のうさん臭いうわさ話に乗っかって、人生初の風俗を体験しようと思ったのはなぜか。彼自身、今こうしている自分が自分ではないようで、うまく説明は出来ない。
勿論、本物の女子高生が来るはずがない。明らかに違法だし、逆に本当にやって来たらどうしていいのか分からない。が、少なくとも、女子高生風の若いコに、何らかの相手をしてもらえる訳だ。
「あれ?まだ到着してませんか?こっちも連絡してるんですが・・・ピッチもつながらないみたいで。」
電話口で彼と同世代位の声が言った。
「すみません、お客さん。なにしろ今時の子なんで、仕事意識がないっていうか・・・急いで他の子を向わせてます。あ、ご心配なく、今度の子はちゃんとしたプロですから。」
プロ、プロって言った・・・。てことは、そうじゃないのも居るって事?つまり、途中で、所謂バックレた女の子は本物の女子高生だった可能性もあった訳?ふとそんな妄想がよぎると、彼はなにかクジにはずれたような気持ちになった。

いやいや。いくらなんでも人生初で、女子高生はだめだ。でも・・・。

少年レマルク 1-2「安心してください。若くて元気な子です。」
電話口の男は機嫌をとるように言い添えた。
受話器を置くと、彼は足許に畳んだ下着を身につけはじめた。やはり、ああいうサービスだとはいえ、初対面で全裸はおかしいだろう。さっきから、何度、脱いだり着たりしたことか。その前に、もう一度シャワーを浴びておいた方がいいだろうか。とりあえず、パンツは穿こう、そうだ、それがいい。
今朝おろしたばかりのトランクスを穿こうと片足で立つ恰好になった時、不意にフラフラとした。気のせいか地面が揺れている。
眩暈?地震?いや。
軽く地響きがする。どこかで工事でも始まったような、ズシーン、ズシーンという音が聞こえだした。
地響きは一定のリズムで大きくなる、ひどく乱暴な足音のようにも感ぜられた。そしてそれは、部屋のドアの前でピタリと止まった。
(デブ・・・いや、豊満な子なんだろうか?・・・ちょっと豊満すぎるのは困るなあ)
「ドン!」
ドアに体当たりしているような衝撃があった。これがノックだとしたら随分と乱暴な子だ。
「はい。」
タイプじゃない子だったら、チェンジ出来るって言ってたな。顔を見るまでもない、これは絶対にタイプじゃない。
「ドン!ドン!」
「はーい。ちょ、ちょっと待って。」
と、
「ドシーン」
ドアが開いた。というか、ドアが内側に、破られた。
その衝撃で、彼の体も後ろに飛んだ。いや、単に腰を抜かしたのかも知れない。薄暗い室内からだと、廊下の照明に負けてすっかり逆行になっているが、その足許のシルエットは、確かにルーズソックスだった。

プロローグはおしまい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です